2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
定休日(土日・祝日)
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
定休日(土日・祝日)
 
 
 
 
 
 
お知らせ
2018/06/04VANDY VAPE Pulse BF 80W Box Modファームウェアのアップデート方法(Windows)
VANDY VAPE Pulse BF 80W Box Modの新Firmware
Vandy Chip 80W_V006」が2018年5月28日に公開されていました。
■新ファームウェアの主な変更点はコチラ >>>
 

【ファームウェアのアップデート方法(Windows)】


アップデートはVANDY VAPEのサイトからダウンロードして行います。
(2018年5月28日にFirmware Vandy Chip 80W_V006 公開)
WindowsバージョンとMACバージョンがあります。

バッテリーを抜いた状態でMODとPCを付属のUSBケーブルでつなぐ。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し解凍された
ファイルの中にある「SmartEC-2.0.2.exe」をクリックして開く。

解凍したファイルの中にある「Vandy Chip Update」を開くとアップデート方法が確認できます。
英語ですが画像付きですのでその画像と照らし合わせながら見ていただくと
アップデートはできるかと思います。

「Connect devices:」の「Refresh list」をクリックすると
MODのチップ名「Vandy Chip-80W_1」が表示されるので
「connect」をクリックすると現在のファームウェアのバージョンが表示されます。

次に「Tips:Choose a upgrade file」で「・・・」をクリックして
新ファームウェア「Vandy Chip_80W_V006.VCdata」を選択し「Start upgrading」をクリックします。

すると「please don't disconnect the USB cable when upgrading.
Are you sure to upgrade?」と、アップデート中はケーブル抜かないでください
という警告が出ますので「Yes」をクリックするとアップデートが開始します。

アップデートが終わると
「Firmware upgrade succesful,the device will be running.」
と表示が出ますので「OK」をクリックして終了です。



※こちらでアップデート後に発送することも可能です。
アップデート希望の方は備考欄に「アップデート希望」とご入力ください。

アップデート希望のご注文がありましたら毎回ファームウェアが更新されてないか確認し
更新されていた場合は最新ファームウェアをアップデートするようにしております。

 

■新ファームウェアの主な変更点

  • モード切替方法が変更
  • 温度制御効果が最適化
  • No Lift Shift機能が追加
  • ブーストモードが追加
  • プラグインスイッチ機能が追加
  • スリープタイプ機能が追加

モード切替方法が少し変更しました。
Vandy Chip 80W_V005はモードを変更するにはパフボタンを3回押すごとに
モードが切り替わるので何度もパフボタンを押さないといけませんでしたが
Vandy Chip 80W_V006になるとパフボタン3回押した後は
アップ/ダウンボタンを押してモードを選べるようになりました。


そして以前は3回押すごとに(P(VW)/Bypass/TC-SS/TC-Ni/TC-Ti)で切り替わり
可変電圧VVモードにする場合は別の操作が必要でしたが
Vandy Chip 80W_V006になると(P(VW)/Bypass/VV/TC-SS/TC-Ni/TC-Ti)と
VVモードも通常の操作で切り替え可能になりました。


・No Lift Shift機能
VWモード(パワーモード)でMODにアトマイザーを装着したまま
リビルドやコイル交換した場合にアトマイザーを外さなくても
「COIL NEW: +/COIL OLD : −」のセットができる機能です。

アップ/ダウンボタンを同時に素早く2回押すと
COIL NEW : +
COIL OLD : −

と装着した際に表示される確認画面が表示されるのでそのままセット可能です。


・ブーストモードとは
ブーストモードとはプレヒート機能と同じような機能で
立ち上がりが遅いクラプトンコイルなどを使用する場合にオススメな機能で
通常設定した出力とは別にパフボタン押した最初の数秒間(0.0秒〜10秒)の出力を
設定値より高く(100〜150%)することができる機能です。

例えば、「通常の出力を30Wに設定し最初の0.5秒だけ出力を150%にする」
と設定した場合、パフボタンを押してから0.5秒間は45Wの出力がかかり
その後30Wの出力がかかるということになります。

一般的なプレヒート機能はW数を設定するのでアトマイザーのコイルや抵抗値が変わるたびに
プレヒートの出力を変更しないといけませんでしたが
(変更を忘れると1パフ目でコットンを焦がしてしまうこともあります。)

VANDY VAPEの場合はパーセントでの設定なのでブーストモードの数値を変更する手間が基本的に不要です。
1パフ目でコットンを焦がしてしまうリスクが軽減します。

・ブーストモードの設定方法
アップ/ダウンボタンを同時に長押ししメニュー画面を表示させます。
その後、アップボタンを押して「 N-H 」と表示されている部分を選択して
パフボタンを押すとブーストモードに切り替わります。

ブーストモード画面でパフボタンを4回押すと設定画面に切り替わります。
パフボタンを押すと出力と秒数(0.0秒〜10秒)が切り替わります。
アップ/ダウンボタンで出力(100〜150%)/秒数の変更可能です。
最後にパフボタンを長押しで設定完了です。


・プラグインスイッチ機能
プラグインスイッチ機能とは使わないモードを非表示にできて
スリープタイプの時間設定ができる機能です。

アップ/ダウンボタンを同時に長押ししメニュー画面を表示させます。
アップボタンを押して一番右にあるモンキーレンチのマークを選択して
パフボタンを押すとプラグインスイッチ機能の設定画面に切り替わります。

左からTC、BP、V、H、NLS、STと表示されますが
TC(温度管理モード)、BP(バイパスモード)、V(VVモード)、
H(ブーストモード)、NLS(No Lift Shift)、ST(スリープタイム)
になります。

例えばVWモード(パワーモード)ですべてのTC、BP、V、Hの選択を解除すると
モード切り替えのためにパフボタンを3回押してもPしか表示されません。


TC、BP、V、H、NLSの各文字の下部にある楕円が白く塗りつぶされた状態が表示可能な状態です。
ダウンボタンを押すと非表示(黒い楕円)、アップボタンで表示(白い楕円)の選択します。
最初はTCが点滅していますのでTC、BP、V、H、NLS、STと押すたびに点滅が切り替わりますので
順番に表示/非表示の設定します。最後にパフボタンを長押しで設定完了です。

STの下に表示されているのは時間です。
スリープタイムですがこの機能はよくわかりませんでした。
放置して画面が消灯する機能かと思いましたが変更しても消灯する時間は変わりませんでした。

 

アクセス : 1690

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

お知らせ一覧
 

ページトップへ